掃除(トイレ)の仕方|雑巾もブラシも使い捨てが衛生的でおすすめ!

掃除 トイレ 掃除

ほとんどの家庭のトイレは水洗式になり、昔に比べると掃除もずいぶんと楽になりました。
私たちが子供の頃は、デパートくらいにしか水洗トイレはありませんでしたからね。
それも和式。

今は自分で掃除をしてくれる便器まで販売されています。
とはいえ、まだまだトイレは家中で一番イヤな汚れのあるところです。

うちの旦那さんは、手で便器を洗う人です。
これだけは、マネができません。
手で触ると、便器の汚れが見えないところも、しっかり掃除ができるんだそうです。
私はブラシで頑張ります。

柄付きブラシは必需品

掃除 トイレ
参照:ジョンソン

水栓式のトイレに柄付きブラシは必需品です。
気になったときにすぐにこすっておくと、いつも内側がツルツルしていて、汚れの付き方が少なくて済みます。

昔は、トイレ掃除をするときには、トイレブラシで内側をこすり、外側と床はお湯で固く絞った雑巾で拭きあげていました。
でも、今は便利なトイレ掃除グッズがたくさんあります。

私は、除菌ができるトイレ掃除用の「トイレクイックル」の愛用者です。
チョコチョコと掃除をしてそのまま流せるので、とても衛生的です。
トイレ掃除に使ったタオルや雑巾はなんだか不潔そうですしね。

ブラシも、先端が使い捨てになっている「柄付き簡易ブラシ」を使っています。
こちらも、掃除したらそのままトイレに流して捨てられます。
もう、昔ながらの柄付きブラシには戻れなくなってしまいました。
ブラシが不潔そうで怖い。

 

掃除 トイレ

汚れがたまった便器の内の細かい部分をふくには、ゴム手袋にぼろタオルを巻きつけて、指先を使います。
手は、自由自在に使える「指先簡易ブラシ」なんですね。
主人に言わせると、手を使うのが一番掃除がしやすいんだそうです。

ガンコな汚れ、一度の取ろうとしないで、ゆっくりと構えましょう。
何度も吹いているうちに、頑固な汚れもいつの間にか取れてしまうことがあります。
気長に、こまめに続けてください。

黒い輪ジミの落とし方

便器のひどい汚れに黒い輪ジミがあります。
水と空気との境目のところが黒くなっているトイレがあります。

これは、落とすのがとても厄介です。
柄付き簡易ブラシなどでは、とてもかないません。
まず、柔らかいスポンジにクリームクレンザーをつけて、こすってみましょう。

掃除 トイレ
出典:紙やすりサンワ

それでだめなら、紙やすりの出番です。
耐水性の紙やすりの、目の細かい2000番を用意します。

適当な大きさにカットして、水で濡らしてから固形石鹸をつけ、クルクルと丸く円を描く要領で軽くこすります。
傷つけないために、力を入れ過ぎないように注意してください。

トイレカバーとマット

掃除 トイレ
参照:ベルメゾン

つい見落としがちになりますが、ニオイの素になるマットや便座カバーは、週に一度は洗うように心がけましょう。

こだわりがなければ、マットやカバーを使わないという方法もあります。
おしゃれなトイレマットを敷くのもいいですが、ニオイの原因になりますし、洗濯の手間もかかります。

便座カバーもはずしてしまうと、さっぱりします。
取り換える手間もいらないし、汚れたらさっと掃除ができます。

 

家事代行サービスを利用すれば、トイレもピカピカになります!

家事代行サービスの料金はいくら?掃除の利用でおうちがピカピカに!
家事代行サービスで掃除をお願いしてみたら、料金はどれくらいになるのでしょうか?実際に、娘が家事代行サービスに掃除を依頼しています。働きながら家事をこなし、子育てをしていくのは大変です。どうしても後回しになるのが掃除です。月に2回サービスを利用して、月額1万円以下できれいに片付けてもらっています。

洗面所の掃除

洗面所を使ったら、まわりに飛び散った水しぶきをタオルでさっと拭く習慣をつけましょう。

古いタオルを切ったものや、いらなくなったハンドタオルを、洗面所に置いておきます。
顔を洗ったら、この古いタオルで洗面台の水しぶきを拭きます。

洗面台を使うたびに、サッと水分を拭き取る習慣をつけると、水しぶきが残っていると、気持ち悪く感じるようになります。

まとめ

私はトイレ掃除が得意ではないので、掃除道具はいろいろと取り揃えています。
一番頼りにしているのは、使い捨てのブラシ(先端部分)です。

不潔な部分をトイレにそのまま流してしまうので、不潔な部分が残りません。
かなり、画期的は発明品だと思っています。

これからも、便利なトイレ掃除グッズがいろいろと出てくるのではないかと、期待しています。

 

タイトルとURLをコピーしました